インタビュー

2018.09.18

Vol.3 教え子のゼミ生をマンションのゲストルームにまねき、パーティを楽しむ!

大学講師の家活女子Mさん。
2005年に江東区のタワーマンション2Lを購入。ロビー・パーティルーム・ゲストルームなどの賃貸物件にはない設備を有効活用。

家活女子Mさんのプロフィール

  • 大学講師、未婚、現在の年収600万円台(購入した前後はもっと高い)
  • 購入したマンション:江東区、2LDK、82㎡、2005年に3,500万円で購入
  • 購入時の自己資金:3,500万円

独身時に家を買おうと考えたきっかけは?

賃貸の家賃を払うのがもったいないと思っていました。買う前は毎月家賃で18万円かかっていました。
あと、当時の賃貸のセキュリティに不安がありました。分譲マンションならセキュリティが充実していると思いましたので。

購入したマンションについて教えてください

江東区の新築マンションを2005年に3,500万円で購入しました。最寄り駅が徒歩圏内ということと地下鉄の乗り換えが便利だったことが、購入した最大のポイントでしたね。また、近くにショッピングセンターがあり、普段の生活も便利です。お部屋が高層階なので眺望が良いところも気に入っています。

購入資金の内訳を教えてください

全額自己資金で購入しました。当時は貯蓄が大きく減ったこともあり不安もありました。でも今では毎月の家賃の支払いがなくなり、住宅費を気にせずに安心して生活ができます。

賃貸に住んでいたときとの生活に違いは?

24時間常駐の警備会社のスタッフさんがいるので、セキュリティ面で安心です。また、コンシェルジュサービスや居住階で24時間ゴミ出しができることも便利です。
また、分譲マンションには、ロビーやパーティルーム・ゲストルームなどの賃貸物件にはない設備があります。私は時々ゼミ生をマンションに招待して、ゲストルームでパーティをしています。

お部屋の中はどのように使っていますか?

2LDKなので、リビングと寝室、もう一部屋は書斎にしています。

家を買って良かったと思うことは?

預金は少なくなりましたけど、代わりに家賃で毎月大きくお金が減るストレスがなくなりました。おかげさまで、自分の好きな仕事だけを選んでゆったり働けるようになりました。あとは、自分が死ぬまで住めるという(笑)安心感は大きいです。

最後に、どういう家を買うことを勧めますか?

やはり利便性から大規模マンションであることとデベロッパーが信頼できる会社かどうかだと思います。

まとめ

充実したライフスタイルと将来の安心を手に入れた家活女子Mさん。セキュリティ面での安心に加え、整った共用設備や24時間ゴミ出しOKであることなど、便利なサービスで快適な暮らしを実現。月々の家賃の出費もなくなり、定年後の自宅とお金の将来不安を解消しました。

このコラムをシェア!

RANKING 人気記事ランキング

  1. 1

    年収500万円で自宅マンション購入が急増!? 「家活」した人、20~30代の“独身”時に買っていた!

  2. 2

    Vol.1 独身時に購入したマンションを貸し出して、結婚後に新たなマンションを購入!

  3. 3

    家活コミック 第5回「ワンルーム投資?お前終わったな!」

  4. 4

    「家を買うのは結婚後」という常識が変わる『独身こそ自宅マンションを買いなさい』 9月20日発売

  5. 5

    家活コミック 第3回「持ち家は資産になる」

  6. 6

    家活コミック 第1回「俺、家買ったんだ!」

家活のためのマンション評価サイト「住まいサーフィン」

入会数23万人、会員の71%が購入価格より値上がりした実績が出ている、全マンションの資産性評価に特化したサイト
家活は老後の自宅確保だけでなく、積極的に資産を増やすための自宅投資だった!その手法の全貌はこちら

※「家活」がおすすめしている物件のエリアは、東京都、神奈川県の一部地域となりますが、住まいサーフィンでは全国のマンションを検索することが可能です。